TOP > WORKS > 荻窪の家

WORKS

10

荻窪の家

敷地境界に沿って配置された箱がつくり出す豊かな空間。

緑溢れる杉並の閑静な住宅街に建つ、二世帯住宅。二世帯であるが故に周辺の建物と比較するとやや大きなボリュームとなってしまうが、街並みに対して圧迫感の少ない佇まいとなるよう、ボリュームをいくつかの箱に分割した。分割された箱を敷地境界に沿って3つ配置し、それらをつなぐ階段を中央に設けた。それにより外周面積は広くなり、箱毎に窓を二方向に設けることが可能となった。そして箱同士の関係においては、クライアントの要望する条件、斜線制限などを考慮して、それぞれの箱の床レベルを設定した。 箱と箱の間の屋外のような隙間を通り抜け、移動する度にあちこちに開けられた窓より様々なシーンが展開し、四季の移ろいを感じられる空間となっている。