TOP > WORKS > 上大岡の家

WORKS

001_top_IMG_3989

上大岡の家

敷地を二分する擁壁を現代的な地形と捉えた唯一無二の空間 NEW!

既存解体時に現れた敷地を二分する擁壁を人工物でなく現代的な地形と捉えると、そこは唯一無二の魅力的な敷地にも思えてくる。積極的にその擁壁を利用するように高低差のある二つの土地それぞれに小さなボリュームをおき、1階は床のように大きなテーブルで、2階はルーフテラスが2棟を繋ぎ、それぞれのボリュームは他者が影響しあうように、また、揺れに対する工夫が隠されている。着工後、隣地擁壁の基礎が計画建物内に入り込んでいることが発覚した際にもアクシデントをプラスに捉え、その基礎を避けるように平面を変更。結果として擁壁に囲まれた不思議な半外部空間の先に隣地の緑が見え、南は眺望が広がる変化の富んだ地下空間が生まれた。