WORKS

Yクリニック歪な平面形状を逆手にとった多軸の壁面

天井高の低いL型プランのテナントビルの一室。L型の両端のみに開口部があり、所要室の必要面積はさることながら、特殊治療の大型精密機器の搬入・設置レイアウト、配管やダクトのルート確保等、様々な制約がある中で、歪なプラン形状となった。一番奥の明るいエリアに待合を置き、入口から湾曲しながら待合へ誘う木の壁に囲まれた通路は、治療前の緊張を解く柔らかい空間となっている。

  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS