WORKS

大岡山の家

計画地は住宅の密集する都市部によく見られる旗竿敷地。敷地の北と西には一層分以上の擁壁がそびえ立ち、南と東には2階建ての住宅が迫る。一般的にはあまり好まれない四方を囲まれた旗竿敷地であるが、細長いいわゆる「竿」の部分は車を停めても比較的に容易に人が通れる幅約3mの寸法があり、やや心もとない北側奥の擁壁からある程度距離を取っても、建主が求める面積や与条件を満足させる可能性の秘めていると感じた。 ここに、旗竿敷地の竿の部分を前庭と見立てた「前の庭」、ややリスクを帯びた擁壁を補完するために盛土した「奥の庭」、南から陽差しを取り入れるために設けた「南の庭」、これら3つの庭を残し、建物の平面形状をジグザクとした切妻屋根のチューブ状のボリュームを考えた。ジグザクの幅は場所によって異なり、エントランスポーチ部分が幅1.4mと最も狭く、建物中央部が5.5mと最も幅がある。切妻屋根のトップの高さと軒の高さを同じにすると、幅の変化と共に屋根勾配も変化し、内部の家型のプロポーションや空間の大きさに変化を与える。そのジグザクのチューブの中に個室や水廻りといったプライベート空間のボリューム(着色されたボリューム)を分散させ、それ以外を緩やかに連続するパブリック的要素の空間とした。 エントランスから続く土間床のホールをフォーマルリビング、それとは別に奥の「南の庭」に面した2階にスペースを設け、1階のフォーマルリビングと吹き抜けを介して連続する、家族のためのファミリーリビングとした。冬は「南の庭」から吹き抜け越しに1階のフォーマルリビングまで陽が差し込むが、夏は2階の窓際で遮られるため、2階は暖かい「冬のリビング」、1階は涼しい「夏のリビング」となり、時と場合によって使い分けられる団欒、くつろぎの場となる。ジグザクを更に進むと「奥の庭」に続くダイニング、その先に「南の庭」を窓越しに望むキッチンへとつながる。ダイニング・キッチン裏手の擁壁(西側)に沿った僅かな隙間には「奥の庭」と連続した木デッキを敷き詰め、その擁壁に面して大きな窓を設け内部に自然光を取り込み、敷地を100%使い切っている。 緑潤う「前の庭」は物理的な前面道路からの距離もあいまって、奥にいくほどプライバシーが確保される緩衝帯となり、同時に前面道路を行き交う人や隣家からの景色も豊かにする。建物がジグザグに屈曲しているがゆえ、前庭からガラスのエントランス扉越しに居住空間は見えず、一方で「奥の庭」までを見通すことができ、街に開かれ、街との接点となっている。都市部に生じる密集化の象徴のような旗竿敷地であるが、街に潤いをもたらす可能性を秘めた敷地形状なのかもしれない。

I'm home. no.109(2021年1月号)

  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS
  • WORKS